「好きな仕事で生きていくというきっかけにして欲しい」

6月9日開催の大野木研究室オンラインゼミ【料金設定の迷いをぶっ飛ばす会】

対談の相手、どいちゃんこと土井義広さんに、このセミナーに関しての質問をぶつけてみました。

目次

なぜこのセミナーをやろうと思ったのですか?

むつこさんからお金のセミナーをやりたいと聞いた時、これは絶対やった方がいいと思いました!

起業家は、言葉を変えると『商売人』です。
そもそも『商売』とは、利益をあげる目的で物を売り買いするという意味です。

にもかかわらず、お金に対してネガティブな思いやブロックがある状態では、仕事に繋がりません。

自分の商品・サービスに対して、もっとポジティブなイメージを持ち、お客様に喜んで買ってもらえるようなマインドセットが必要なんだと痛感しています。

宝の持ち腐れになったらもったいない。

このセミナーで、お金としっかりと向き合い、「好きな仕事で生きていく」というきっかけにして欲しいと思います。

 

この対談セミナーはどんな人にお勧めしますか?

形のない商品・サービスを提供する仕事、例えば、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピストの人は、値付けが苦手、よく分からない、うまくいかないという人が多いです。

決め方は、人それぞれだと思いますが、これもお金に対する姿勢によって、高い、安いが決まります。

もちろん、商品・サービスの品質がその価格と見合わなければ、プロとしては食べてはいけません。
品質と価格をどう釣り合いを取っていけばいいのか、そのあたりもセミナーの中で触れていきたいと思ってます。

 

対談セミナーではどんなことを話そうと考えていますか?

前述のことも含めて、

  • 商売とお金は、切っても切れない関係であること
  • 継続して仕事を続けていく上で、お金はなくてはならないものであること

これまで数多くの起業家を見て来た中で、お金に対する姿勢によって、逆境を乗り越えた人、廃業に至った人がいます。
なぜそのような結果になったのか。その違いがどこにあるのか。時間の許す範囲でお話させていただきます。

また、『価格は、戦略である』ということもお伝えしたいと思います。

 

本セミナー開催にあたって、みなさまへのメッセージ

私自身、7月1日で起業満15周年を迎えます。

個人事業でスタートする方、最初から法人設立をする方、個人から法人成りする方、本当にたくさん見てきました。
行政書士であり、起業コンサルタントであるからこそ、このような経験が出来たんだなと実感してします。

自分という商品をどのように売っていけばいいのか、そこが商売のキモです。

価格一つとっても、いろんな意味があります。
商売の流れ、導線をどう設計するのか、今では当たり前のように言われていることも、実践的に試行錯誤しながら掴んできました。

結局、商売は、そんな地道なことの繰り返しです。
諦めずにコツコツやるだけです。

本セミナーでは、全部をお伝えする時間はありませんが、何か一つでも持って帰ってもらえたら嬉しいです。

 

プロフィール

 

土井義広(どいちゃん)

 行政書士土井法務事務所代表
 社会起業家プロデューサー
 人生応援家

行政書士・起業コンサルタントとして法人設立や起業に関する手続き、事業計画作成など、事業の立ち上げからその後の支援までを一貫して行う。

一方で「雑談セッション」という独自のスタイルで、クライアントの未来を見据えた「今」の最適を導き出すお手伝いをしている。

人の応援が大好物。「人を輝かし、街を輝かし、日本を輝かし、世界を輝かせる」ことが大ビジョン。

「どいちゃん祭り」を通して私たちの身近にヒーロー・ヒロインがたくさんいることを紹介している、楽しいこと大好き、人間大好きな62歳です!

◆HPはこちら
どいちゃん事務所 OFFICIAL WEB SITE

 

 

 

セミナーの詳細およびお申込み

大野木研究室オンラインゼミ
【料金設定の迷いをぶっ飛ばす会】

土井義広と大野木睦子による対談セミナー

日時:6月9日(木)20時30分 – 22時

場所:オンライン会議室ZOOM

お申込みフォーム(受付は終了しました。)

 

セミナーの内容はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
【対談セミナー】料金設定の迷いをぶっ飛ばす会     料金はいくらにしよう... 料金って、どうやって決めたらいいの?   起業したら誰でも、料金設定で悩むもの。 でもそのお悩み、いい加減、卒業したくはな...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次