やりたいことがわからない、ならばとりあえずお茶でも飲もうか

「やりたいことがわからない」

自己実現が叫ばれる今日この頃(笑)
こんなモヤモヤを抱えてしまう人も多いですよね。

そして、あれこれあれこれ、学びや資格取得に奔走する。
だけど、「やりたいこと」はちっとも見つからない…

 

いったいどこにあるの、私のやりたいことは?!  
どうしたらいいのーーーー?!

教えて、ムツコサンっ!!

 

と、ある日、大野木研究室のドアをたたいてくれたCさんに、
私はこんなことを言いました。

「とりあえず、お茶でも飲もうか」

 

 

喫茶去

 

 

はじめてCさんとお話ししたのは、もう4年以上前のこと。
【しあわせがクセになるシェア会】でした。

 

【しあわせがクセになるシェア会】とは、

1.まず【しあわせがクセになる音声セミナー】を聞き、実践してみる。

2.その後、出てきた疑問や起こった気付きを、グループでシェアし合う。

3.セミナーの理解がさらに深まる!

という画期的な試み(^^ゞ

セミナーというのは、受けて終わりではなく、受けた時が始まり。実践しなければ意味がない。実践して初めて気づきが起きるし、わからないことや上手くいかないことが出てくるものです。

 

 

ここ数年、自分と向き合い、いわゆるこころの勉強を続けていく中で、いろいろな気づきを得て。

あと少し、もう少しで抜けられるという自覚はあるのに、そのあと一歩がずっと抜けられず…。

何でだ??
どうしてだ??
何がいけないの??
何が足りないの??

と。

 

その時にいただいた感想に、こう書かれている通り。
「なんで?」「どうして?」と、前のめり話すCさんに言ったんですよね。
「とりあえず、お茶でも飲もうか」って(笑)
(ZOOMでの開催でしたけど(^^;)

 

禅には、『喫茶去(きっさこ)』なんて言葉があります。

もともとは、「茶でも飲んで出直してこい!」という意味だったらしいのですが(笑)
「まあ、落ち着いて、お茶でも飲みましょうか」ということ。

一杯のお茶を楽しむことで、“いまここ”に返る。

 

で、Cさん、気づかれたんです。

「なんだ、こじらせてたのは私だったんだ!」って。

 

詳しくはこちら↓

もう一歩で抜け出せそうなのに抜け出せないのは

 

 

それから月日が流れ、またまた前のめりなメールが届きました(^^)

 

先日、ラスボス級の気づきが遂に訪れました。

睦子さんに、「まずは落ち着いてお茶でも飲んで」と言われた意味も、やっとわかった 笑笑
なんだか気づいただけで、身体が軽くなった気がしました。

一瞬、これに気づいたんだから、もういいのか?とも思ったのですが、ここで睦子さんに伴走していただき、しっかりと自分の土台を築きたい!
心からそう思っています。
どうぞよろしくお願いします!

 

また思い出していただけるなんて、ほんと光栄です。
極上の私を生きる『ソウルビジョン・トレーニング』にお申込みくださいました。

 

「起業を目指しているけれど、今一歩、先に進めない…」
というところからのスタートでした。

そんなときにはビジネスコンサルを受けるよりも、自分を整えるためのコーチングをお勧めします。

 

でも不思議なことに、自分が整ってくると声がかかるんです。
「それ教えてくれませんか?」とか「あれやって欲しい」とか。

コンサルにせよコーチングにせよ、継続でサポートしているクライアントさんたち、頭の整理が出来て自分が整ってくると、「なんか突然、連絡が来て」とか「たまたま昔の知り合いに会って」とか。いろんなチャンスが向こうからやってくるんです。

これが、フローに乗り始めている合図なんですよね。

 

Cさんも、お声がけいただいて、ずっと前からやりたいと思っていた講座を開催されました。
しかも、無料で開催したのに、「受け取ってください」と講師料をいただいたり、「またやってください」とリクエストいただいたり。

どんどん現実が動き始めて、こんなメッセージが届きました!

今の正直な感想は、「なんで今までこれ、やらなかったんだろう?」です 笑笑

 

 

ははははは~(^o^)丿

ほんっと、こじらせてたのは自分ですね(笑)

 

やっとやっと、『情熱』はここだったか!!と思えてきました。

でも浮き足立った感じはなくて、何と言うかとっても穏やか。

以前の私だと、「おっしゃ~~!やったるでぇ~っ!!」って、もっと勢いが出て、“祭状態”だったと思うのです。
なので、そんな自分にちょっと戸惑っています。

様々な学びを経ても、一向になくならない焦燥感を持て余していた私。
当時、睦子さんに「とりあえず落ち着いてお茶でも飲もうか」と言われても、意味がわかりませんでした(笑)

そうして、その後も長いこと、外にばかり答えを求めて奔走。

頭では「答えは自分の中にある」とわかっていたのにそうできなかったのは、自分に向き合いたくなかったからだったんだと、ようやくわかりました。

やっと降参して今、ゆっくりとお茶を飲もうと腰を据え、「気づいたらやめる」をクセにすべく精進中です。

 

 

やる気はあって、前のめり。
だけどエネルギーの向かう先が見つからず、焦るばかり、深刻になるばかり。

この状態のときって、ご本人は「一生懸命」だし「がんばってる」んです。
あれこれあれこれ、学びや資格取得にお金や時間をかけている場合も多い。

 

だけど肝心なものが見えていない。

 

「私はこれが好き!」
「これがやりたくてたまらない!」

自分を動かす情熱と。

そして、その情熱の向かう先、

「私はこのために生まれてきた」
「これをやらずして、この人生なんの意味があるのか!」

という魂の目的

 

情熱も目的も、「足りない自分」のマインドのままでは見つかりません。
なぜなら、「足りない自分」は、外に探しにいくから。

 

自分の内に眠っている『情熱』や『目的』を呼びさますためには、
とりあえずいったん落ち着こう。

“いまここ”に返ることです。

 

そして、しあわせをクセにする。
しあわせフローをプラスにしないと!

 

しあわせフロー

 

 

外に探し回るのに疲れて、やっと落ち着いてお茶を飲めるようになったCさん。
『情熱』と『目的』がいざ見つかったら、あれ?“祭状態”ではないと(笑)

戸惑われていたCさんに、こんなお返事をしました。

 

あがったテンションは必ず下がります。
「祭状態」じゃないってことは、地に足ついた大人になったってことなんじゃないでしょうか(笑)

 

 

ビジネスを成功に導く情熱というのは、”祭状態”のことではありません。
“祭状態”は長続きしません。一瞬の高揚で終わります。

穏やかな情熱が大人の証。
“いまここ”から湧き出すパワーは、穏やかだけど力強い。
だからずっと続いていきます。続けていけます。

 

Cさんからのお返事です。

そうか、やっと大人になったのか!
思わず膝を打ちましたよ!!

まだまだほんとに1ミリ前に進んだだけですが、睦子さんの真髄が、そして自分の目指す起業の輪郭が、はっきりと見えてきたような気がしています。

こうしたいな、ああしたいなと考えている時に、全く恐れが出てこない。
胸の奥がじわ~としてくる。

親から子への愛の大きさ、子から親への愛の大きさを思う時、その純度に毎回胸がいっぱいになる。
この素晴らしい愛を伝えることは私を満たし、伝えたお相手を満たし、大きな愛の循環になるのだなぁと、それがお仕事になったらもう、それに勝るヨロコビはないわなと震えます。

なんていうか、そこに承認欲求や自己顕示欲、自分に足りないものを満たしたいとかいう我欲が1ミリもなく、そんな境地に至った自分が嬉しくて。

まあビジネスとして考えると甘々ちゃんなのでしょうが、でも根幹の、このキモのところは揺るがないし、しっかり胸に刻んでおきたいと思うのでした。

 

 

『情熱が入口で、目的が出口』

ウェルスダイナミクスでは、豊かさのフローに乗るためのヒミツを、こうお伝えしています。

 

内的価値の積み上げ

 

 

豊かさのフローに乗るために必要なことは、『情熱』というあなたを動かすエンジンがあり、向かうべき『目的』が明確であること。

 

あたりまえのことのように思えるかもしれません。
でも試しに、自分に聞いてみてください。

私の『情熱』って何?
私の『目的』は何?

 

スッと言葉が出てきたでしょうか?
それについて1分間、3分、10分、30分、1時間、2時間…
時間に応じて話すことは出来ますか?

 

なんとなく、
ばくぜんと、
もやもやと、

でもすっきりしない…

そんな毎日を送っているのは、『情熱』と『目的』が明確になっていないからです。

 

「やりたいことがわからない」と、悶々としている人。
承認欲求や自己顕示欲、そして損得勘定が大事なことを見えなくしています。

これやったら儲かるだろうかとか、どうしたら稼げるだろうかとか。
「やりたいこと」を探しているはずが、いつのまにか、「稼げること」を探してはいないでしょうか?

 

もちろん、お金のことを考えるのは重要です。

ですが、お金のことを第一に考えていたら、逆に富からは遠ざかります。

 

富とはあなたの持っているお金のことではない。
富とは、あなたの全てのお金を失ったときに、最後にあなたに残るもの。

 

ウェルスダイナミクスの富(wealth)の定義です。

最後にあなたに残るもの。
それはいったいなんでしょう?

 

 

 

お茶を一杯

 

 

 

頭では「答えは自分の中にある」とわかっていたのにそうできなかったのは、自分に向き合いたくなかったから。

 

Cさんのこの言葉。
あなたはどう思いますか?

 

自分に向き合うとは、辛かった過去をほじくり返すことではありません。
傷や痛みを突きまわすことではないのです。

傷や痛みのその向こうにある、あなたの本当の望み、
あなたの魂が求めるビジョンをしっかりと見ることです。

 

そこに本当の富が隠されています。

 

まあとりあえず、お茶でも飲んでくださいね~(^^)/

 

極上の私を生きる ソウルビジョン・トレーニング
タイトルとURLをコピーしました