そのイライラも自作自演?~事実と解釈を分けるとてつもなく簡単なワーク~

いかに自分が勝手に物語を作っているか。
余計な思考で、自分を苦しめているのか。

それに気づく簡単なワークを数年前に紹介し、大反響をいただきました。
こちらのブログでも、また紹介しておきますね。

ペンと紙1枚をご用意ください。

 

紙に書く

 

 

「事実」と「解釈」を分けるとてつもなく簡単なワーク

 

今、自分が苦しくてしょうがないことや、イライラすること。

それを紙に書き出してみましょう。
必ず、紙に書いてくださいね。

目で見えるようにすることが重要です。

 

例文でいっしょにやってみましょう。

 

お隣のAさんから、私は嫌われている。

あいさつをしても、いつもそっけない。

この前も、道ですれ違ったとき、私は笑顔で

「こんにちは、いいお天気ですね」

とあいさつしたのに、Aさんからは、

「そうですか?曇ってきましたよね」

と、ぶっきらぼうな返事が返ってきた。

私はショックを受けて、悲しくて泣きたくなった。

それ以来、Aさんのことがこわくてしょうがない。

 

 

この文章から、以下を削除してください。

・事実でないこと(推測)
・自分の感情が入っている単語
・形容詞

 

すると…

 

お隣のAさんから、私は嫌われている。
 推測。Aさんが何を考えているか、自分にはわからない。

あいさつをしてもいつもそっけない。
 「しても」は、相手を非難する自分の感情が入った言葉。
 「いつも」とは100%のこと。100%はありえない。
 「そっけない」と感じているのは自分。

この前、道ですれ違ったとき、私は笑顔で
 「この前も」の「も」は「いつも」と同様。100%はありえない。

「こんにちは、いいお天気ですね」
とあいさつしたのに、Aさんからは、
 「のに」は、相手を非難する自分の感情が入った言葉。

「そうですか?曇ってきましたよね」
と、ぶっきらぼうな返事が返ってきた。
 「ぶっきらぼう」と感じているのは自分。

私はショックを受けて、悲しくて泣きたくなった。
それ以来、Aさんのことがこわくてしょうがない。

 すべて、自分の感情。

 

 

余計なものを削除するとこうなります。

 

Aさんと道で会った。

「こんにちは、いいお天気ですね」

と、私は言った。

「そうですか?曇ってきましたよね」

と、Aさんが言った。

 

 

以上、終わり。

 

もっと、余計なものを取っ払ってしまえば

 

私が歩いた。

Aさんが歩いた。

私が言葉を発した。

Aさんが言葉を発した。

 

 

極端かもしれませんが、事実はこれだけです。

「事実」だけを見れば、実はどこにも問題は起きていません。
問題を引き起こしているのは、すべてあなたの「解釈」なのです。

あなたを苦しくさせているのは、Aさんの存在ではありません。
Aさんを見てわき起こるあなたの解釈が、あなたを苦しくさせているのです。

苦しさもイライラも、すべて自作自演。
自分ひとりで、勝手に物語を作っているだけなのです。

 

試しに、ご自分の場合でやってみてください。
必ず紙に書いてくださいね。

 

セミナーやセッションでこのワークをやってもらうと、特に多くの人がひっかかるポイントがあります。

それは、ダンナ問題(笑)

 

ダンナ問題

 

 

「ダンナが家事を手伝ってくれないのは事実です!」
「事実、ダンナは私の話を聞いてくれません!」

いや、それもすべて、あなたの解釈なんです(^^;)

(ちなみに、ダンナの次に多いのが子どもや母親。
 家族のことはこじれやすい。近視眼的になりやすいようですね。)

 

このワークで言っている「事実」とは、実際に起きている出来事。
だから、

ダンナはリビングに座っている。

 

起きている事実はこれだけ。

その事実を見て、あなたのマインドが騒ぎ立てているだけなのです。

 

 

念のために言っておきます。

これは、「だから私が悪い」と、自分を責めるためのワークではありません。
感情が悪い、ダメだ、というお話でもありません。

「エゴは敵だ~!」とか、「マインド撲滅作戦!」とか。
そういう話では、まったくありません(笑)

 

こんなことを、私たちはしょっちゅうやらかしている。

 

いかに、余計なことをしているのか。

そのバカバカしさに、気づくためのワークです。

 

本当に起きていることは、何なのか。

その単純さに気づき、囚われから自由になるためのワークです。

 

苦しさやイライラから逃れるために、何かを「する」必要はありません。

余計なことをしているのをやめる。

ただそれだけです。

 

気づいたらやめる。
気づいたらやめる。

その繰り返し。

むずかしいことではありません。
単なる訓練です。

だってクセだから。

 

クセだから自分で変えられます。
自分でしか変えられないのです。

 

しあわせがクセになる音声セミナー

 

 

見かけたら押す。見かけたら押す。
その繰り返しです(^^ゞ


人気ブログランキング