HOWは一番最後! ~問題解決の正しい順序~

「HOWは一番最後!!」

と、あらゆる場面で叫んでいます(笑)

コレ、すご~く大事。
今日はこの原理原則を覚えて帰ってください。

 

ウェルスダイナミクスの5つの周波数

 

ウェルスダイナミクスと言えば、プロファイルを決定する4つの周波数からなるこの図。
ウェルススクエア。

 

ウェルスダイナミクス・プロファイル

 

 

ですが、このウェルススクエア、そもそもの形はピラミッド型。立体です。

ピラミッドの頂点に位置する第5の周波数【スピリット】を加えて、5つの周波数があります。

 

第5の周波数

スピリット ー 第5の周波数

 

 

  • 創造・革新のダイナモ
  • 情熱と社交性のブレイズ
  • 調和と献身のテンポ
  • 効率と論理性のスチール

さらに、第5の周波数

  • 感謝と貢献のスピリット

 

5つの周波数は、それぞれ異なるものの見かた(ビジョン)があり、その性質にあった『問い』があります。

 

5つの周波数(質問)

 

 

◆ ダイナモはWHAT(何)

遠い未来を見通す高い視点を持つダイナモは、「何?」という問いが得意です。

 

◆ ブレイズはWHO(誰)

感情豊かで周囲を巻き込むことが得意なブレイズは、「誰?」という問いが効果を発揮します。

 

◆ テンポはWHEN/WHERE(いつ・どこ)

体感覚のテンポは、常に周囲をきめ細やかに見ています。「いつ?」「どこで?」という問いで、よりはっきりとした意識を持つことが出来ます。

 

◆ スチールはHOW(どうやって)

明確さを提供するスチールは、「どうやって?」の質問で解決することが得意です。

 

◆ スピリットはWHY(なぜ)

物事の本質を見抜き、意識と無意識をつなぐスピリット。「なぜ?」という問いが世界をクリアにします。

 

 

『問い』にも正しい順序がある

 

困ったときには、自分のプロファイルの周波数に合った問いかけをすれば、ピンチを切り抜けることが容易になります。
たとえば、ブレイズの周波数を強く持つサポーターならば、困ったときには、「誰に聞けばいい?」「誰を連れてくればいい?」と自分に質問するとうまくいきます。

プロファイルに合った質問をすることも重要ですが。
問題解決をしていくときに、『問い』にも正しい順序があるのです。

そう、原理原則は常に同じ。

やるべきことを、やるべき順序で!

 

自分のやりたいことがおぼろげに見えて来たり、
自分の中にある情熱に目覚めたり。
あるいは魂の目的、ミッションがわかりかけてきたとき。

ほとんどの人がこう口にします。

「どうやって、形にしたらいいんでしょう?」
「どうやって、仕事に結び付けたらいいのか、まったくわかりません…」

だからうまくいかないんです。

「HOWは一番最後!!」

 

新しい商品を作ろうとすると、
ついつい、こんなこと考えていませんか?

「いくらで売ろう?」
「どうやったら売れるだろう???」

 

じゃなくて~!
「HOWは一番最後!!」

 

 

HOWは最後

 

 

うまくいかないとき、煮詰まってしまったとき。
自分のアタマの中、何を考えているかチェックしてみてください。
どんな問いかけをしているでしょう?

 

『問い』にも、正しい順序があります。

 

 

5つの周波数(質問の順番)

 

一番初めに考えるべきは、WHY

『なぜ』それをやるのか。
『なぜ』それをやりたいのか。

明確な目的を持つことが、フローに乗るためには必須です。

そして次に、WHAT

『何を』やるのか。

まずじっくり考えるべきはここ!

 

「〇〇セミナーやりたいけど集客はどうしよう?」じゃないんです(笑)

なぜそのセミナーを開催するのか。
何を伝えることが出来るのか。

 

『WHY』『WHAT』が明確になれば、おのずとそれは『誰(WHO)』のためのサービスなのか、見えてきます。

それにふさわしい 『場所(WHERE)』も。
そして、準備にどれくらいかかるか、ならば 『いつ(WHEN)』開催出来るのかも。

その後なんです、「いくらで売ろうか」「どうやって売ろうか」
『HOW』を考えるのは。

 

「集客!」「集客!」で頭がいっぱいで、焦りや不安ばかりが出てくるときは、落ち着いて考えてみてください。
一番大事な『WHY』『WHAT』、そして『WHO』を置き去りにしていないか。

 

「ターゲット設定が出来ない…」というお悩みも多いですが。

WHO、「誰がお客様なのか」を考えてわからないときは、WHAT、「何を提供できるのか」を考えましょう。
「何を」がわからないときは、WHY、「なぜ起業なのか」

常に一番重要なことは、WHY
『なぜ』に対する答えを持つことが、フローに乗るためには必須。
スピリット、水の視点を得るためのカギなのです。

 

 

ノウハウ(KNOW HOW)は一番最後!

 

ノウハウとは、KNOW HOW。

HOWは一番最後!

 

セラピストの私がビジネスサポートも始めることを正式に決めたのは、20146月。
セラピストとして開業して、3年目に入るころでした。

最初のブログタイトルは、

集客もお金も楽しくなる!
『おしごとマインド整え塾』

 今見ると、赤面もののタイトルですが(汗)

『おしごとマインド整え塾』のコンセプトとして、一生懸命こんな図を書きました。

 

おしごとマインド

 

 

集客にはステップがあります。

1.マインド(自分軸)を整える
2.おしごとマインド(稼ぐ覚悟)を整える
3.ビジネス脳(戦略)を整える

この3つが順に整って、 初めてノウハウが活かせるようになります。

ノウハウは枝葉末節!一番最後!

 

こんなメッセージからスタートしました。

私が伝えたいことは、 最初から一貫して変わっていません。
でもウェルスダイナミクスという 最強のツールに出会って、はるかにわかりやすく論理的に伝えられるようになりましたが(笑)

葉っぱばかりを集めても、しっかりとした根っこや太い幹、活き活きとした枝が無ければ、葉っぱはすぐに枯れてしまいます。

 

やるべきことを、やるべき順序で。

 

上っ面だけのお手軽のノウハウに、わけわからず群がっていた時代はもう終わりですよね(笑)
これからは、まっとうなものが生き残っていく時代です。

原理原則を学び、フローに乗りましょう!

 

 


押すべき時には、すぐに押そう!

応援クリック、よろしくお願いします(^^)/


人気ブログランキング